高島 勇二の人となり

バナー

高島 勇二の人となり

19歳の時にマウスコンピューターを立ち上げ、BTOパソコンを取り扱う事業を始めたのが高島 勇二です。現在では高島 勇二は株式会社MCJの社長を務めています。
そんな高島 勇二はどんな人となりなのでしょうか。

高島 勇二は時間を有効活用する方です。限られた時間の中でいかにたくさんの人に出会えるのか。多くの人と出会えた分だけ人生が変わると考えている方です。 自分の殻に閉じこもったら損だと思うのが高島 勇二です。
そんな高島 勇二はプライベートでも様々な社長と集まって、色々な話をしています。その際はビジネスの話が大部分を占めています。
業界が変われば話も違います。他の業界の方と話すことで、高島 勇二は別の角度や視点の違う意見が見えてくると考えています。 そのため夜遅くでも人と会い、積極的にビジネスの話をしていく。それが高島 勇二という人です。

そんな高島 勇二には様々な趣味があります。元々は車好きで、以前は色々車をいじったりしていました。 その他にもチェスやお笑いのビデオなども見ていますが、現在ではビジネスのことを考えている時間の方が多いのです。 趣味がビジネスというほど力を入れているのが高島 勇二です。
ちなみにマウスコンピューターを設立していた時は、高島 勇二はほとんど休まず仕事をしていました。 営業時間が終わった後にパソコンを組み立てており、創業から5〜6年は睡眠時間は3時間ほどでした。 その甲斐もあって、今日の高島 勇二が社長を務める株式会社MCJがあります。

人との出会いや時間を大切にし、何よりもビジネスに時間と情熱を傾ける。それが高島 勇二の人となりです。

Copyright (C) 2016 高島 勇二の人となり All Rights Reserved.